パパ活では自分の身をしっかりと守ろう

パパ活も新しい出会いの仕方として、広まりつつあります。男性も女性もメリットがある出会いには間違いありませんり。そんな出会い方でも、トラブルのおそれもあります。ですので、特に女性は身を守ることをしっかりとしなければなりません。

★パパ活って危険があるの?

パパ活をする女性は、10代~20代中盤ごろが多いです。そんな女性の中には、大学生で奨学金をもらいながらも生活が大変だからという理由もあります。そのため警戒心が薄くなりやすく、トラブルにあうこともあります。
エッチや関係を強制される、また周りにばらされてしまう、ネットで誹謗中傷などもあります。リベンジポルノも出てきているようです。

★自己防衛をしていこう

もしもパパ活をするのであれば、自己防衛が必要です。
その方法には次のようなものがあります。

まず、初めて会うときには昼間で、駅の側などの繁華街にしましょう。周りに人もいる中で、相手を信用していいか見極めるようにしましょう。
また、夜会うときも早い時間帯で、2時間くらいにしましょう。その時にはお酒を飲まないようにします。中には酔わしてと考える男性もいるからです。
あと、できれば男性の車には乗らないことも必要です。乗るとなかなか降りられなくなり、ホテルへなんてこともなるからです。

そして、電話番号の交換はしたとしても、本名やまた学校、職場などプライベートがわかるものはいっさい男性に伝えてはいけません。フェイスブックなどSNSも伝えてはいけません。SNSの写真から自宅がばれるなんてこともあるからです。

最後にはクレジットカードやキャッシュカードも渡してはいけません。中には言葉巧みにとって、悪用する男性もいるからです。

★パパ活は危険と隣り合わせ

パパ活では、メリットだけがとりあげられますが、自己防衛が必要だと理解してから始めましょう。

関連する記事